FC2ブログ
2020年02月/ 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2008.08/07(Thu)

KAT-TUNコンサートオーラス感想☆第二弾

こんにちは昨日の夜に更新するって言ってしなかった嘘つき苺ですごめんなさい明日から帰省でね・・・ちょっと準備で忙しくてなんてカツカツ見てたくらいだから・・・はい。言い訳です(笑)というわけで、明日からブログちゃんと更新できるか分からないので頑張ってオーラス感想をまとめたいと思います。では後半スタート


MC明け、マザファザソロがない亀ちゃんが「ウォ~~~~~」と歌い上げるところが綺麗すぎてキラキラしすぎてめちゃめちゃかっこいいしっとりしてて本当にいい歌で大好き次がキスマイだったかな。一緒に入った友達はキスマイのファンだからこの時をとっても楽しみにしてるんだよね。だから私達は大盛り上がり私に関してはキスマイの歌を聞いちゃうとしばらく頭の中をぐるぐるしちゃって大変なの(笑)っていうか・・・KAT-TUNファンはキスマイ&ABCのソロになると座っちゃう子が多いんだね。それがちょっと切なかったな。彼らのサポートがあってこそカツコンも成り立つんだからさ、座らないでちゃんと応援してあげてほしかったな。KAT-TUNがキンキのバックについてた時はどうだったか分からないけど、SMAPのバックにキンキがついてた時は、メンバーが「ちゃんとキンキの歌も聞いてね。」って言ってたからファンはキンキに対しても優しかったと思うよ。私はキンキバック時代を知らないから何とも言えないんだけど・・・KAT-TUNファンもちゃんとキスマイ&ABCの時も応援してあげたらきっと彼らも彼らのファンも嬉しいんじゃないのかな。なんて・・・余計なことを書いちゃったかな。気分を悪くされた方がいたらごめんなさいSIX SENSES。これ2日は花道の横だったんだけど、反対側を向いて踊ってるのが多かったからちゃんと見えてなかったんだよね。でもオーラスはバッチリだったやっぱりがっつり踊るKAT-TUNはかっこいいSIX SENSESはファンも盛り上がるしコンサート向きだね私も踊りまくってたよまたこの時の亀ちゃんのビジュアルがめちゃめちゃかっこいいんだよね~~~~~王道亀ちゃん全開だわバクステに移動してHELL,NO。バクステ近くてよく見えたダンスかっこよすぎる本当にこの席でよかったラストの仁亀が歌うパートは息が止まりそうなくらいの凄さだったやっぱりこの二人最強だよねゆっちソロ。これは始まる前のゆっちのボイパがすごい見終わった後は「すご~~~い」しか言葉が出てこないもん。世界の~は面白かったし、ゆっちは芸達者だよね。たっちゃんソロ。出だしのファンの大合唱で早くも鳥肌ものなんだけど、たっちゃんが作るソロの世界はいつも綺麗だよね。愛の華は曲調もすごい綺麗だし、ライトも舞い落ちる桜の映像?もそして何よりもたっちゃんもキラキラしてて素敵だったよ。続いてはそんなバラードのたっちゃんとは一転して仁ソロ。仁くんがステージに出てくるだけで、会場が大歓声に包まれる。すごい存在感。そして何をやってもかっこいい凄い人ですよ。本当にそして僕街の仁くんアカペラ。これさ~2日は会場シーンとしててすごいよく聞こえたんだけど、4日に入った友達から「全然聞こえなかった。」って聞いててすごい不安だったんだよね仁ソロが終わった後にみんな一斉に「シーーーッ」って言うんだけど・・・最初は会場も静かで大丈夫かな~って思ってたんだけど、荒い呼吸で一生懸命歌う仁くんに一部のファンが「がんばって~~~」と叫ぶとそれに同調するファン、「うるさい~~~」と非難するファンが次々と出てきてオーラスも聞きづらかったとりあえずさ、歌ってる間は静かにしようよ。文句を言いたくなる気持ちももちろん分かる頑張ってるの分かるんだからさ、がんばって~~~なんて言わなくていいんだよ。ほんの数秒みんなが我慢するだけで、どれだけ素敵な空間になるかってことが分からないのかな。アカペラが終わった後で頑張った仁くんに声をかければいいじゃない。広い会場で55000人がシーンとするなんて正直難しいのかもしれないけど、一人一人がちゃんと自覚してればできることなんだよ。小さい子供が泣いちゃうのとはわけが違うしね。騒ぐ時と静かにする時の区別はちゃんとできるファンであってほしいと思いました。アカペラに関しては2日と映像を入れ替えていただきたい(笑)メンバー紹介悩殺ダンス亀ちゃんに一緒に入った亀友ちゃんとみごとにやられました本当にさ、亀梨和也という男はファンのツボを知ってるよね~~~あのヤバイ腰グイグイのダンスで何人の亀ちゃんファンが倒れることか(笑)もちろん私もそのうちの1人だよこのメンバー紹介のあたりから「あぁ~~もうすぐ終わっちゃう。いっぱい叫んで踊って歌おう」って思ってた。だから1人1人ダンスするメンバーの名前をいっぱい叫んだSIGNAL、メインで歌ってたから実物亀ちゃんは遠い。ひたすら画面に映る亀ちゃんを見てたSHE SAID。正面から見た「QUEEN KAT-TUN号」は豪華ですごくてかっこよかったそれに乗ってるKAT-TUNはみんなキラキラしてて圧巻だった。喜びの歌。この歌ってノリがいいからすごい盛り上がるねオーラスでは聖が「愛してる」って普通に言って会場は大歓声だった。亀ちゃんの「愛してる~」に対して仁くんの「愛してます~」が聞けたし満足すぎるCrazy Love。最後にこの曲って・・・・もう切なすぎる~~~~みんなの歌声がドーム全体に響き渡ってなんとも言えない。また仁くんの歌い方がさらに切なくてこのまま泣くんじゃないかって思ったくらい。亀ちゃんは自分のソロパート「二人で持ち寄り~・・・皆一緒に~」で「それだけで~~~」って大合唱になった。この歌をみんなで歌えるって凄すぎる感動して泣きそうだった。曲が終わり、亀ちゃんの挨拶が終わり「東京いただき」っていう亀ちゃんの顔がかっこよすぎて、キラキラしすぎて最後に超幸せをもらったよアンコール。暗闇の中バクステ後方から出てくる聖発見リアフェ。仁くん「今日はありがと~~~~」って言った私はリアフェを歌い踊り、騒ぎっぱなしぴーちゃん再びステージに上がる。亀ちゃんからマイクを向けられて歌ったり、仁くんから色紙を渡されて投げたりしてた。っていうかね3人が船に乗ってメインステージに戻ったんだけど・・・この光景は一生忘れないくらい貴重で豪華なものだったよ私も隣の友達に「3人一緒にいる!!!!!」って興奮して言ってたもん。話してる姿とか見たらもう最高に幸せだったよun-ではこの日も、たっちゃん・じゅんの・亀ちゃんはステージ上で横揺れして大盛り上がりしかもキスマイ?ABC?とかもいて結構な人数だったよ。すごい楽しそうでこっちまで横揺れしちゃったじゃないの(笑)Peacefuldays。すごい盛り上がったみんなジャンプしまくり。私もいっぱい飛んだすごい楽しかった。ぴーちゃんは仁くんのトロッコに乗ってるしこれって絶対にDVDになったら映ってるよねそこにも超期待(笑)アンコール終了。終了のアナウンスは入るけど、係員は出てこない。さぁオーラス、ダブル無しってありえないから(笑)気合いで「アンコール!」と叫んだ。そしたらカツメン出てきました亀ちゃん、脱いでない(笑)あら??暑くないのかしら??しっかり衣装着たまま(笑)そしてアワストーーーーーーーどれだけこの歌を聞ける日を待ったことでしょう。すごい嬉しかったすごい幸せだった「ツアーも無事に終わりました」とか挨拶的な言葉を口にするカツメンに対して会場からは「もう1回」の声が。そうだそうだトリプル待たずにもう1回やっちゃおうよ~~~~~とここで花道を歩いてる途中に私は亀ちゃんだと思ってたんだけど・・・ちょっと記憶?があいまい「ねぇ、ねぇ今日ラストだし・・・特別にもう一曲やろうよ。」と言った。会場もちろん大歓声。でゆっちかな?「去年も同じようなこと言ってた。」みたいに返してたはず。で最後はもちろんハルカナ約束でしたあぁ~~~~ハルカも聞けてすご~~~~く幸せだったよぉというわけでオーラスも終了。3時間を超えた最初から最後までみんな超テンションが高くてすごかったオーラス。本当に参戦できて幸せでした

こうして苺初参戦のカツコン2daysはKAT-TUNのツアー終了とともに終わりました。すごいドキドキして体がおかしくなるんじゃないか(←いや貧血みたいになってるくらいだからとっくにおかしくなってるんだけどね)って思うくらい、KAT-TUNに・・・そして何より亀梨和也に心を奪われてしまったよ今までにないコンサート前の言いようのない緊張。それはたぶんKAT-TUNの作り上げる世界に一気に飲み込まれたからだと思う。出てくるだけで、そこにいるだけで私をドキドキ、ゾクゾクさせてくれたのはKAT-TUNが初めて。ど派手なパフォーマンスもセットも演出も本当にすべてがKAT-TUNの魅力で、KAT-TUNにしかできなくて・・・それを今回生で広いドームで体感することができてすごくすごく嬉しかったし、幸せだった夏の最高の思い出をありがとう3月ドリボ千秋楽での夏コン発表以来、ず~~~っとドキドキしてきたのが終わっちゃったと思うと寂しいけど、今はゆっくり体を休めて次のお仕事に向けてしっかり充電してまたキラキラした姿で私達の前に出てきてくれることを期待してますとにかく約2ヶ月間本当にお疲れ様でした


そして・・・亀ちゃん。何を書いていいのか分からない。テレビで見る亀ちゃん、雑誌で見る亀ちゃん、ラジオで聴く亀ちゃん、DVDで見るコンサートの亀ちゃん、全部好きだったもちろん今でも全部好きでもそれ以上に生のコンサート会場で見るあなたは、かっこよくて、綺麗で、キラキラ輝いてて本当に素敵でしたビジュアルに関していろいろ言ってきた私だけど、コンサートで見るあなたはそんなことは関係ないほどにかっこよくて私の心を丸ごと全部さらっていった。かっこよくてザ・亀梨和也もかわいくてお茶目な亀梨和也もどんなあなたも今の私なら受け止められる。どんな風にも変化できる。それがあなたなんだよね。今回コンサートに行ってみてそのことが改めて分かった気がするよ。コンサートで光り輝くあなたを見てしまった今、私はもうあなたから離れることはできません。これからもずっとずっとついていきます。貧血をおこしそうなくらいドキドキさせてくれたり、かわいすぎて笑わせてくれたり、切ないまでの歌声に泣かされそうになったりといろんな感情を私に教えてくれて本当にありがとう。また会える日を楽しみにしているので、これからは夏を思いっきり満喫できるといいね。私も家族孝行がんばりま~~~す(笑)幸せをありがとう亀梨和也・・・・愛してます


終わった~~~~~一気に現実に戻るんだけど・・・明日は名古屋に帰省。これから準備に追われます。そしてパソコンはお家にお留守番なので、ブログ携帯から更新か、実家のパソコンから更新、またはおやすみするかもしれないですでもでも、今日は雑誌発売日だし、きっと書きたくなると思うのでたまに覗いてやってくださいねそれでは明日から17日まで超暑い名古屋に行ってきます実家が涼しいところだったら夏の帰省も楽しみなんだけどな~・・・正直何をしにいくのか分からない(笑)ただ、暑いだけ・・・ただ、クーラーの部屋にこもるだけ・・・KAT-TUNのDVD見て平和に暮らそう(笑)家にいる時と何にも変わらない(笑)それじゃあ、またね~~~~

みなさんからのコメントや拍手とても嬉しいです。ありがとうございます

ジャニーズブログランキングに参加しています。
一日一回ポチッと押してくれたら嬉しいです

 ↓ ↓  

ジャニーズブログランキング


コメントレスは”続きを読む”からどうぞ・・・

【More・・・】

8月6日「オーラス終了☆亀ちゃん幸せをありがとう!!!」へのコメントレス

>miwa☆さん

コメントありがとうございます。レポ??感想??読んでくれたんですね。ドームにいる気分なんて・・・嬉しいです!!!本当に最初から最後まで熱いオーラスでしたよ。次はmiwa☆さんもドームに来れるといいですよね。私も昨日は朝からWSを見てまたまたとっても幸せでした。ぴーちゃんが来てくれたのは本当にサプライズでした!!超テンションあがりました(笑)

>かよこさん

コメントありがとう!!本当に終わっちゃったんだよね~~~昨日よりも今日のほうがなんかちょっと寂しいな。でもまたきっと嬉しいお知らせがあるだろうね。私達ファンにいっぱい幸せと愛をくれた亀ちゃんに感謝しながら、また会える日を楽しみにしながら私は毎日がんばって生活していくよ。ひとまず最高の夏が終わった~~~!次回はぜひぜひドームへ☆
スポンサーサイト



12:11  |  コンサート  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

レポありがとう。会場の一体感が伝わってきて、素敵なオーラスだったんだね。
苺ちゃんが、今までにない感動をKAT-TUN
そして亀梨和也に感じてくれたこと!
凄い嬉しかったよ!
私もそうだからさ。
しばらくは、名古屋なんだね。
でもKAT-TUN漬けは変わらないか
かよこ | 2008.08.07(木) 12:37 | URL | コメント編集

●読ませて頂きました_alt_str_e_466.gif_

KAT-TUN魂とても楽しかったですね
皆まぢネ申でした
仁クンのアカペラで、叫んでた人がいたのゎ残念でしたね
せっかく生の声がドームに響いているのに………

ケドとてもイイTOURでしたね次のTOURも楽しみです
これからも、ブログ読ませて頂きます
れぇ | 2008.08.07(木) 16:39 | URL | コメント編集

苺ちゃん♪レポおつ亀~!読んでて私も興奮しちゃったよ!同じ公演に入ってたのにね(笑)
亀ちゃんファンは感じるツボが同じみたいで、「うん、うん」って頷いちゃった(笑)
あぁ~本当に楽しかった!ずーっとドームにいたかったなぁ~!
でも、きっとまたキラキラ亀ちゃんに逢える日が来るよね♪
その日まで私も頑張ろうっと!

元気いっぱいだった苺ちゃん、また逢おうね~!
み○みさんも、どうもありがとうございました!美味しく頂きました!

のり | 2008.08.07(木) 22:14 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |