2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.10/10(Fri)

「ずっと」に応えなかったのは・・・

仕事帰りにツイッターを遡り、友達の呟きに「ん?」って思ったら・・・今日10月9日は、1年前にKAT-TUNが4人になると分かった日だったんだね。言われるまで忘れていたんだけど、聞いたらやっぱりいろいろと思いだしたし、改めて振り返ってみたよ。



1年前の今日、いきなりつきつけられた現実に、いっぱい泣いていっぱい考えた。友達に電話をして泣きながら話したり、考えれば考えるほど理解に苦しんだり、ほんとにいろんな想いを抱えた1年前だったな。でも、それと同時に・・・KAT-TUNが4人で出した結論についていくだけだと、決めた日でもあった。



泣きはらした顔でバイトに行った翌日の木曜日、そして翌々日の金曜日には亀は番宣で日テレに出て、KAT-TUNを代表して謝罪をしていた(涙)今でも映像を見なくても頭の中で鮮明に蘇る。真剣な顔で、静かな声でカメラをまっすぐ見つめて語る亀の姿・・・苦しかったけど、辛かったけど、それでも亀の言葉を、想いをしっかりと受け止めた。



土曜日のズムサタに行った時はたくさんのハイフンが集まってた。亀は何度も手を振って、私達に応えてくれた。亀にパワーを送りに行ったはずなのに、逆に亀から「大丈夫だよ」って言われたような・・・今思うとそんな気さえしてくる。そして日曜日、シューイチで謝罪と共に発表になった年末の単独カウントダウンLIVE。激動の数日間だった・・・



でも、あの時・・・大きすぎた二度目のダメージは亀を始めKAT-TUNメンバーの早い対応、そして早いリスタートがハイフンについた傷をそっと癒してくれたんだよね。きっとメンバーもハイフンもみんな辛かった。だけど、みんなが同じ気持ちで前を向こう、歩いて行こうって思ったんじゃないかな。



こうして振り返るとね、この1年で辛かったのってほんの一瞬だったなって感じるの。さっきも書いたけど、4人でリスタートが早かったからってのもあるのか、KAT-TUNからもらえてる幸せの方が圧倒的に大きいんだよね。今思えば、私的には動き出す前の停滞期のがしんどかったのかも。



私は亀がいるKAT-TUNが大好きで、亀が大切にしてるKAT-TUNが大切なんだ。だから、これから先4人が悲しまなきゃいいし、ハイフンが笑っていられれば、それだけで幸せだな、十分だなって思うんだ。



代々木LIVEのナカマループマシンのコーナーで、選ばれたハイフンがKAT-TUNに向けたメッセージに、コーナー明けの曲で応えてきた亀。だけどそんな亀が唯一応えなかったのが・・・「ずっとKAT-TUNでいてください」だった。



友達はね、なんで応えなかったのー?って言ってたけど、私はなんとなくだけど言わないような気がしてたんだよね。亀は大事な事は口に出さないようなところがあるから。完全な憶測ではあるけど・・・少なからず「ずっと」って言葉やニュアンスに裏切られた感があるハイフンを目の前に、軽々しく「ずっと」なんて言えないんじゃないかなって。



言葉にしてくれなきゃ不安になることもあるけど、言葉にしてくれても裏切られてしまったら、それは不安よりももっと深い悲しみになる。それを亀はどこかで分かってるんじゃないかなと思う。だから、あえて言わなかったのかなって・・・もちろん亀は言葉にしなくても、心の中では想ってくれてるって分かるから、私は不安になったりはしないけど。



今日ツイッターでたくさんRTされてくるハイフンの想いを読んで思った。みんな同じだよね・・・前よりもどんどんKAT-TUNが好き、KAT-TUNが大事って思えるの。年々想いが増して、愛が深まる。こんなことってあるんだねぇ!亀も中丸も上田も田口も、みーんな大好きだーーーーー(笑)



ブログランキングに参加しています。よかったらポチッと押してくれたら嬉しいです


 ↓ ↓  

ジャニーズブログランキング
 
スポンサーサイト
01:40  |  KAT-TUN  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。