2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.10/17(Thu)

回り道でも一番前

KAT-TUNの曲の中で、私の一番の元気ソングは間違いなくPERFECTだ。



震災のあった年・・・Mステで歌ったこの曲と、笑顔の亀に私は元気をもらったことを今でも鮮明に覚えてる。



そして、5周年に決まっていたコンビナートライブと5大ドームツアー・・・震災の影響で中止になってしまったあの時も、PERFECTの歌詞に励まされたんだ。



「コトバマヨイ リソウノキズナデ キセキマキオコス ヒカリキラリ ソノヒトミ ノゾミ イタミワケル ナカマトナライケルサ TOMORROW」



「PERFECT MY FRIEND PERFECT YOUR MIND 焦らず並んで歩いていこう 人と比べながら生きてもしょうがない
 PERFECT MY FRIEND PERFECT YOUR MIND 回り道でも一番前 誰も歩いたことない道を歩こう」



赤西が抜けた時にしばらく感じてたことがある。それは6人だった頃の曲を聞くと切なくなるということ。だけど、それはいつしか5人の形へとごく自然の流れの中で変わっていった。



むしろ今はそれが当たり前のように自分の中で存在していて、あ~時間の流れと共に感じてた気持ちも形も変わっていくんだなと、いい意味で思ったんだよね。



そして今、KAT-TUNは5人から4人へと形を変えようとしている。いや、もうすでに変わって動き始めてると言った方がいいのかな。



私個人の想いはね、この変化と共にいろんなことが変わってもいいと思ってるんだ。中丸がシューイチで言っていたように、その人以上にはなれない、穴を埋めることはできない、だから4人でできることを見つけていく。



まだ形が定まらないのが今のKAT-TUN、そこをみんなで模索しながら進んでいけば、たとえ時間がかかっても一歩一歩前に進むことができる、4人のKAT-TUNを見つけていくことができる。



例えばもし、CDの売り上げが下がったとしても(←私はこれに関しては当たり前だと思ってる。一度目の時からずっとね)ライブ会場が小さくなっても、それはKAT-TUNやハイフンの力不足なんかじゃない。どれだけ回り道をしたって、一番前になれる時は必ずくるよ。



みんなでグループを大きくしていく・・・これがKAT-TUNの目標。亀の中ではもうずいぶん前から変わってない目標だよね。中丸が今日の試写会で言ったみたいに、今までのKAT-TUNの良さは消さずに、また新たな魅力を加えて進化していけばいいんだよ。



だから、今の私には今後のKAT-TUNに対しての不安や心配はない。PERFECTは私にとっての元気ソングだけど、KAT-TUNにとっては前を向いて突き進んでいけるそんな曲だなって・・・そのことだけ書きたかったのに、長くなっちゃった(笑)



おーしまいっ!(笑)続きは10日の夜中に書きかけた下書きエントリー。アップしようか迷ったけど、その時の私の想い満載なので、とりあえず続きにアップします。



ブログランキングに参加しています。よかったらポチッと押してくれたら嬉しいです


 ↓ ↓  

ジャニーズブログランキング
 

【More・・・】

10月10日のエントリー


朝起きた時、衝撃の出来事は夢だったらいいのにと思ってた。ドッキリとか?なんでもいいから、これはウソでしたと言ってほしかった。



でも・・・やっぱり現実は何も変わってはいなかった。大きく取り上げられると予測していた報道は何ひとつ見ないまま1日を過ごした。今はまだ何も目にも耳にも入れたくなかったから。



今日がお仕事だったのは不幸中の幸いだったのかなと思う。無心になって仕事をしてれば余計なことを考えないで済む?って思ってた。でも実際は違った・・・仕事してても脳裏に勝手に浮かんでくる5人の姿、走馬灯のようにいろんな情景が浮かんでは消えた。



もう戻らないと分かっているのに・・・バカ!!!何やってんのよ!!!と一発ぶん殴りたいくらい腹立たしいのに、やっぱり心の底から嫌いになれないことに苦しんだ。



休憩中やお昼休みに読んだ友達からのコメントやブログコメ・・・みんなの想いがヒシヒシと伝わってきて泣きそうになった。ハイフンみんなが同じ想いでいるわけじゃない。ハイフンの数だけ想いはある。だから、どれが正解でどれが間違いなんてない。



それはいくら友達だからといっても押しつけることは絶対にしたくないし、されたくないとも思う。押しつけることはアドバイスすることとはまた違うと思うしね。ついてくハイフンがいるのと同じように、離れていくハイフンがいるのも当然のことだと私は思う。



一日泣きそうになりながらも我慢してた私は、帰宅後に一気に涙腺崩壊・・・一気にきちゃったね。泣いてる私を見て長女ちゃんが「どうして泣いてるの?」と聞いてきた。「昨日と同じだよ。ママずっとこんな感じかもしれないから、ちょっとほっといて。」って言った。



そんな私に長女ちゃんは・・・「そっか。分かった!じゃあ楽しい話しよっか!!」って次女ちゃんに向かって言ったんだ。いつもはケンカしてばかりの二人なのに、今日はなんだかとっても楽しそうに学校の話をしてくれた。優しい気持ちにまた涙が出ちゃったよ。ありがとう。



土曜日は子供の学校公開日・・・それでも、少しでも亀の近くにいたいと思った。「学校公開に間に合うように帰ってくるから、日テレに行ってもいい?」という私に旦那ちゃんはアッサリ「いいよ。」と返信してきた。行かせてくれることにほんと感謝の気持ちしかない。



昨日・・・腹痛がひどくて体調不良と衝撃で何も手がつかなくなった私に、何か言うわけでもなく、聞くわけでもなくそばにいてくれた。メルマガ配信しながら、ブログ書きながら泣く私を包み込むような優しさで見守ってくれてありがとう。



そして・・・相方含むかけがえのないお友達のみんな・・・いったい何人の友達と深く話したんだろう。久しぶりのお友達も何人かいた。誰かと繋がっていないと不安で、みんなの想いを確かめていないと心が壊れてしまうような気がしてた。話を聞いてくれてほんと嬉しかった。ありがとう。



人は必ず誰かに支えられて生きているんだなということを痛感した。旦那、子供、友達・・・みんながいなきゃ、こんな気持ちは一人で抱え切れなかったと思うし、消化することもできなかった。ほんとにありがとう。
スポンサーサイト
01:24  |  KAT-TUN  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。